由熙 著者 : 李良枝
ニックネーム : seama 掲示日 : 2023-09-07


第100回芥川賞を受賞した在日韓国人2世の作家李良枝さんの小説です。
 日本に生まれ育ち日本人として生活してきた主人公ユヒ。母国である韓国に留学しますが、理想とする母国像を強く持っていて、現実の韓国の文化や人、言葉を受け入れられずにとうとう韓国の大学を中退し、日本に帰国してしまう話です。最後の下宿先のオンニ(お姉さん)の目線でユヒが語られています。
 ユヒは日本に帰る決断をしたけれど、またいつかきっとオンニが言うように旦那さんと子供を連れてオンニとアジュモニ(おばさん)の前に現れる気がします。言葉の杖を自由に操り両国間を往還して生活するユヒの姿を想像して本を閉じました。
 外国語を身につける事は、その国の人や文化を受け入れ、その国の事が好きで興味を持てる強い何かがないと難しいことなんだと改めて感じました。留学時代に読んでみたかったです。

表紙 タイトル
나, 있는 그대로 참 좋다 조유미
本のタイトルどうり読むと心が楽になるし人生いろいろあるけれど、自分自身を否定せず肯定的に受け入れることの大切さがとても伝わりました。 나 있는그대로 참 좋다 とても良い言葉好きな言葉です。ぜひ読...
不便なコンビニ キム•ホヨン
タイトルの印象からはほど遠い、心温まる小説だった。 記憶喪失のホームレスの中年男性が、コンビニオーナーや客や同僚と関わるうち、一人前のコンビニ店員になるまでが描かれている群像劇。登場人物たちが意図せ...
당신을 응원하는 누군가 ソン ミファ
あなたを応援する誰か 本のタイトルどうり心が くじけそうな時、折れそうな時に心がとても軽く前向きな気持ちになれました。 人生の参考書として何度も読み返し周りの人達にもぜひ読んでほしい一冊です。 ...
唾がたまる キム・エラン
「唾がたまる」って変わった題名が目に止まり読んでみました。8話の短編集ですが考試院や屋根部屋やタルトンネなど日本ではあまり馴染みのない住居が印象的な物語たち。 それぞれの主人公たちの記憶がたどり着い...
エディ、あるいはアシュリー キム・ソンジュン
現実的なテーマをまるで童話のように仕上げていてなんとも不思議な気持ちになります。 移民、ジェンダー、暴力などテーマは多岐にわたる8編の短編集です。その中のひとつ「海馬と扁桃体」を読むとソウルの教保文...


코시스센터
2024KOREA BEAUTY FESTIVAL
Korea Net Japanese
Hello K! - Youtube
korea net banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS