パチンコ(下) 著者 : ミン・ジン・リー
ニックネーム : Maria 掲示日 : 2022-02-16


暖かい心を持っていて、ごく普通の日常を送りたいはずの人たちが、「国籍」という枠のせいで世間の圧を感じ、そして一部虐げられながら生きなければならなかった現実がただただ悲しい。フィクションといえども、著者は多くのインタビューから本当のエピソードを織り交ぜたと話しているから、これは現実の出来事で日本で起きていたことなのだ。孫が市役所に行くシーンや、日本人として生きざるをえなかった弟、パチンコで旗をたてた兄、いつも子供を思う母…。それぞれの人物に感情移入してしまって、読んでいる最中の気持ちの置きどころに迷った。ある一家の壮大な歴史を垣間見ることができて幸せだ。とても長い物語だがページをめくる手が止まらず、一気に読み終えた。「在日」という存在を知らない人はいないと思うが、彼らの人生をぜひこの本を通じて知ってほしいと思う。

表紙 タイトル
ソルビム2(男の子編) ペヒョンジュ
女の子編に続き、お正月の晴着、男の子編です。韓国文化院のyoutubでも紹介されていた、お正月の遊びチェギチャギ(韓国式リフティング)をやってる男の子が表紙の裏に登場。ここから、もうワクワクですね。女...
ソルビム(女の子編) ペヒョンジュ
お正月に晴着を着るのは、小さい女の子にとってどんなにわくわくすることでしょう。ページをめくりながら、幼いころに戻って、いっしょにときめくことができます。下着姿の女の子がひとりで、晴着を着てゆきます。最...
声をあげます チョン・セラン
あとがきを見て驚いた。まさにコロナ禍のSFだったのに、2010年に書かれたというから、著者は本当にこの世界を予見していたのかもしれない…。私は表題作の「声をあげます」がいちばん好きだった。それぞれの登...
ミカンの味 チョ・ナムジュ
4人の中学生から高校にあがるまでを追いかけた物語。それぞれの葛藤が綴られる。韓国名に慣れていなくて、今誰の話だっけ?と何度も登場人物欄をみ返しつつ読み進めた。これは個人的に映像化してほしい。そのほうが...
私は私のままで生きることにした キムスヒョン
この本は自分の生き方や、人間関係に悩んでいる人にぜひ読んでもらいたい一冊です。私自身も自分の生き方に悩み、葛藤している時にこの本を読み、とても勇気をもらいました。自分という人間は唯一無二の存在で他人の...


코시스센터
Busan Expo2030
釜山EXPO2030
Korea Net Japanese
オンライン文化院
Hello K! - Youtube
korea net 2022 Nov banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS