応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [12.05.16]   照会数 : 13698
「黄金の神秘展」 - 高麗 金写経&黄金 吉祥図 -
 

「黄金の神秘展」
- 高麗 金写経&黄金 吉祥図 -
 
この度、韓国文化院では高麗写経学会の主催による「黄金の神秘展 -高麗 金写経&黄金 吉祥図-」を開催する運びとなりました。
高麗(918-1392)は護国仏教という建国理念を国是にし、470年間も国を復興させ、国家的危機を軍事力で対処する以前に金写経で国家の安全を図ろうとしました。朝鮮時代に入り、排仏崇儒政策により高麗写経は伝統の脈が途切れましたが、王室で内密に、また民間でも綿々と受け継がれてきました。
印刷術の発達や宗教の自由などにより、消えかかっている写経文化を発展継承させようと、その輝かしき高麗写経と吉祥図を再現させるべく長い歳月を捧げてきた出品作家である朱在浩先生と弟子である李順子先生の素晴らしい作品を展示致します。
今回展示される作品は、純金で制作された高麗写経作品と吉祥図作品で、日本では今年の3月に大阪と京都で開催されたのに続き、3回目になり、滅多に見ることのできない非常に貴重な機会になると存じます。尚、友情出品として漆画で有名な性坡(ソンパ)僧侶の作品も展示いたします。
 また、初日のオープニング・レセプションでは現在京都で「高麗茶道」を行っている高麗伝統茶苑の申雅孔(シン・アコン)院長による高麗茶道のデモンストレーションを行います。
是非とも多くのご関心をお寄せいただき皆様お誘い合わせの上、会場までお越し下さい。
 
○ 会期:2012.6.5(火)~9(土) 10:00-17:00(最終日は15:00まで)
     ※オープニング・レセプション:2012.6.5(火) 18:00~

○ 場所:韓国文化院ギャラリーMI(1F) ※ 入場無料 東京都新宿区四谷4-4-10 Tel:03-3357-5970
     (地下鉄丸の内線「四谷三丁目駅」1番出口より徒歩3分)
○ 主催:高麗写経学会
○ 後援:駐日韓国大使館 韓国文化院 

◆写経:経文を書写すること。
◆吉祥図:富貴や幸福などの念願を事物に込めて描いた絵

 
【友情出品:性坡(ソンパ)僧侶の漆画作品】

【 作家プロフィール 】

 文井 朱在浩  

‐国展(韓国美術協会)招待作家
 ‐2005年 大統領賞受賞(写経)
 ‐ソウル美術協会理事
 ‐教育・文化・総務処長官賞9回
 ‐韓国国家有功者
 ‐高麗写経院院長(黄金写経)
 
 ・国展(韓国美術協会) ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 審査委員
 ・ソウル美術協会全国書道大展‐‐‐‐‐‐‐‐審査委員長
 ・ソウル女性揮毫大会‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐審査委員長
 ・全国家訓揮毫大会‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐審査委員長
 ・進士考試書道大展‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐審査委員長
 ・大邱学生書道揮毫大会‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐審査委員長
 ・韓国教育美術協会書道大展‐‐‐‐‐‐‐‐‐審査委員長
 
 慧華 李順子  
‐国展(韓国美術協会) 特選3回
 ‐ソウル美術協会書道大展大賞受賞(招待作家)
 ‐直指世界字書道大展大賞受賞(招待作家)
 ‐全国家訓書道展大賞受賞(招待作家)
 ‐耘谷全国書道大展大賞受賞(招待作家)
 ‐毎日書道大展(招待作家)
 ‐二ムの沈黙書道大展(招待作家)
 
 個展
 ・ホテルインターブルゴ招待 黄金書画展
 ・韓国美術Artビジョン招待展
 ・古王庵黄金(阿弥陀経)点眼奉安
 ・慶北大学校美術招待展  

 

 申雅孔(シン・アコン)

1992年 京都にて在日による高麗茶道発足
1994年 京都にて韓日茶道研究会発足
1995年 茶道裏千家15代家元千宗室氏講演・茶文化交流(京都)
2001年 大興寺にて茶道裏千家・高麗茶道研究会(韓国、光州)
2010年 高麗茶道18周年記念献茶奉納(京都、清水寺)
2011年 第2回高麗茶道流儀 裏千家流儀指導(韓国、ソウル)
 
現在) 高麗伝統茶苑 院長
     (社)韓国茶人連合会 会員
     日本国際連合協会京都 会員
      大阪日韓親善協会 会員



 

 
 
  [total : 2372] ( 43 / 80 )
番号
タイトル
掲示日
照会数