応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [06.11.14]   照会数 : 19057
日韓大衆文化交流セミナー 「脱近代、東アジア、そして日韓文化交流」のご案内
 
この度、韓国文化観光部の傘下団体で世界的な文化産業の交流拡大と相互理解の増進を図っております(財)国際文化産業交流財団と東京大学東洋文化研究所の共同主催で標記セミナーが11/28(火)に以下の通り開催されます。(入場無料)


■ 目的:日韓大衆文化相互理解の現況を把握し、未来志向型交流の展望を提示する
■ 月日:2006年11月28日(火)
■ 場所:六本木ヒルズ49階タワーホール
■ 構成
09:30 ~10:00 受付
10:00 ~10:15 開会式
10:15 ~10:45 基調講演
韓国側:「日韓未来志向型発展のための文化交流方案」
  - 孔魯明 翰林大学日本学研究所長(前駐日韓国大使)
日本側:「日韓文化交流の意味と問題点」
  - 小倉和夫 独立行政法人 国際交流基金 理事長
 
10:50 ~12:00 第1テーマ「日韓文化交流の歴史と現況」の発表と討論
- 司会:吉見俊哉(東京大学情報学環学長)
韓国:「日韓文化交流の歴史と現況」イ・ジウォン翰林大学教授
日本:「韓国の日本文化受容、日本の韓国文化受容」林夏生 富山大学教授
- 討論:ヒョン・デソン 東京大学東洋文化研究所教授
 
12:00 ~13:40 休憩
 
13:40 ~14:40 第2テーマ「日韓文化受容の現況」の発表と討論
- 司会:カン・ミョング ソウル大学教授
- 韓国:「日韓文化受容と相互認識の比較」イ・チャンヒョン 国民大学教授
- 日本:「アジアの文化交流と日本での韓流」 林香里 東京大学教授
- 討論:ジョン・ジュヨン 東京大学情報学環交換研究員
     イ・ヒャンジン Sheffield大学
 
15:00 ~16:00 第3テーマ「日韓文化産業の交流と方向」の発表と討論
- 司会:キム・キョンジュ 東海大学教授
- 韓国:「『ごめん、愛している』を通じて見た韓国ドラマの日本での受け入れられ方と未来展望」 ソン・ビョンジュン グループエイト代表
- 日本:「韓国ドラマの日本進出と日本ドラマの韓国進出の現況と未来」野崎宗利フジテレビ国際局副部長
- 討論:イエ・ヨンジュン 中央日報東京特派員
      隈元信一 朝日新聞論説委員

16:00 ~17:00 総合討論「日韓文化交流の展望」


◎ ご参加を御希望される方は下記の要領で韓国文化院までe-mailにてお申し込み下さい。
締め切り 11/21(火) 入場確認証を追ってe-mailにてお届けします。
お申し込みは1名とさせて頂きます。同伴を御希望される際は、別途お申し込み下さい。
・お名前:
・参加希望テーマ:(第1、第2、第3と記入、複数選択可)
・e-mailアドレス:
・郵便番号:
・ご住所:
  お申し込みはこちらへ ⇒
 
 
  [total : 229] ( 8 / 8 )
番号
タイトル
掲示日
照会数