応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [10.02.10]   照会数 : 14918
劇場ヴァージョン『東京タクシー』特別上映会 開催
 
この度、韓国文化院では多数の国際映画祭で高い評価を受け、2009年の釜山国際映画祭でも絶賛されたキム・テシク監督の韓日合作映画『東京タクシー』をキネマ旬報映画総合研究所と共同で開催することとなりました。
この作品は、音楽チャンネルMUSIC ON! TVが放送用に製作したTVムービーですが、この度はこれを76分の劇場上映版に再編集したものを上映いたします。
『東京タクシー』は、"コリアン・シネマ・トゥデイ・パノラマ"という、韓国の監督による年間を代表する作品を上映する部門に招待され、期間中に2回の上映が行われました。まだ韓国では上映されていない作品にもかかわらず、その発想のユニークさと、クオリティの高い娯楽作品として評価されました。
是非、この機会に本作品をご観覧になり、韓国映画の魅力を肌で感じていただければと存じます。
観覧は応募を通じたご招待(抽選)となります。観覧を希望される皆様の奮ってのお申し込みをお待ちしております。

<イベント概要>
□ 上映作品 : 劇場ヴァージョン『東京タクシー』
□ 日時 : 2010年2月25日(木)18:00開場/18:30開映
□ 会場 : 韓国文化院2Fハンマダンホール (東京都新宿区四谷4-4-10  TEL 03- 3357-5970)
* 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」1番出口から徒歩3分
□ 主催 : キネマ旬報映画総合研究所
□ 共催 : 駐日韓国大使館 韓国文化院
□ 協力 : MUSIC ON! TV 

<作品紹介>
□ 東京タクシー(製作:2009年/上映時間:76分/日本語字幕)
・監督 : キム・テシク
・出演 : 山田将司(THE BACK HORN)/山崎一 他
・ストーリー
日本で売れないロックバンドをやっている青年が、韓国で開催されるロックフェスの出演依頼を受ける。しかし、彼は飛行機恐怖症。困り果てた彼はなんとタクシーで韓国のソウルに向かうことに・・・。しがない中年タクシードライバーを巻き込み展開する世代、国境を越える驚きと笑い、切なさが溢れる新感覚ロードムービー!

□ キム・テシク監督 プロフィール
1959年ソウル生まれ。日本映画学校に留学経験を持ち、TV・CMディレクター として活躍しながら韓日合作映画の制作等にも参加。

<観覧お申し込み要領>
□ 観覧を希望される方は韓国文化院ホームページの「イベント応募コーナー」からお申し込み下さい。(お申し込みはお一人様2名まで。)
□ 募集人員 : 150名
□ 申し込み締め切り : 2010年2月17日(水)
□ 尚、お申し込みが定員を超えた場合は抽選とさせていただきますので、予めご了承下さい。
(当選された方のみ、2月18日(木)までに確認書をメールでお送りします。)
□ 入場の際は、当選メールを提示するか、プリントアウトをして受付時にご提示ください。尚、お忘れになった場合はご入場出来ませんのでご注意下さい。
□ 席順は、受付先着順とさせていただきます。
 
 
  [total : 395] ( 9 / 14 )
番号
タイトル
掲示日
照会数