応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [11.10.21]   照会数 : 8939
「コリアン・シネマ・ウィーク2011」 来日ゲスト決定!
 
大変お待たせしましたが、「コリアン・シネマ・ウィーク2011」の来日ゲストが次のように決まりました。
今回もゲストによる舞台挨拶を予定していますので、皆さま是非ご来場下さい!
 
◆ ゲスト&スケジュール ◆
 ・10月30日(日) 「テンジャン」(味噌) ゲスト:イ・ソグン監督
 ・10月30日(日) 「ビューファインダー」 ゲスト:キム・ジョン監督
 *いずれも作品上映後、舞台挨拶を予定
 
◇ イ・ソグン監督

・1975年生まれ
・ニューヨーク大学卒業
・ベルリン、サンダンス、カンヌ映画祭で好評を博し、国内映画としては初めて全世界で配給されて成功を収めた映画『301 302』(1995年、パク・チョルス監督作品)の脚本で映画界に登場。19歳の時に短編作品『自殺パーティー』(1995年)で金冠映画祭大賞を受賞し実力を認められる。1998年、アン・ジェウク、イ・ジウン主演の『ラブラブ』で国内最年少監督としてデビュー。以後12年ぶりに2作品目となる「テンジャン」を監督。
 
◇ キム・ジョン監督
・1961年8月18日生まれ
・ニューヨーク大学、韓国映画アカデミー卒業
・韓国芸術総合学校映像院に教授として在職中。
・これまで映画学者とともに映画評論家として主に活動。映画アカデミー演出課1期出身 で短編『冬の幻想』『青い鎮魂曲』を制作し、女性映画集団バリトで活動していた80年代末に『小さな草にも名前があるから』を制作。以後 10年ぶりに『居留』(2000年)で映画現場に復帰。『居留』『ファンフォルギョン』『元々、女性は太陽だった』の女性史 3部作で国内外の注目を浴びる。

◆ 「コリアン・シネマ・ウィーク2011」 開催概要
https://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?number=1680
 
 
  [total : 395] ( 8 / 14 )
番号
タイトル
掲示日
照会数