スエ主演「ファミリー」 12/2(土) シネマスクエアとうきゅう他ロードショー! 2006-09-29

ⓒ2004 TUBE Entertainment. All Rights Reseved.


『ファミリー』 12/2(土)シネマスクエアとうきゅう他にてロードショー!


韓国200万人が涙した、父と娘の深い絆

父と娘の絆といった普遍的テーマを真正面から描いた本作は、韓国で封切られると、その愛の深さに胸打たれた観客たちの口コミによって200万人を動員し、大ヒットを記録した。娘・ジョンウンを演じるスエは、韓国TVドラマでは“涙の女王”と称され人気を博し、これが映画初挑戦。本作で新人女優賞を総ナメにした彼女は、イ・ビョンホン最新作、『夏物語』のヒロインに抜擢され、今後大きな飛躍が期待されている。
また、『友へ チング』のチュ・ヒョンが厳格な父・チュソクを、『青春漫画~僕らの恋愛シナリオ~』のパク・チビンが天真爛漫な弟・ジョンファンを演じ、見応えある演技で観客の涙を誘う。

○ストーリー
3年の刑期を終えて、娘・ジョンウン(スエ)は年老いた父・チュソク(チュ・ヒョン)と幼い弟・ジョンファン(パク・チビン)が暮らす家に戻って来た。しかし父が投げかけてきた最初の言葉は、「なぜ帰った? いつ出て行くんだ?」あくまで厳しく接することしかできない父と、厳格な父を疎ましく思う娘。美容院で真面目に働き始めたジョンウンだが、未だかつての悪い仲間がまとわりついている。そんな娘の姿に落胆しながらも、娘を救い出そうとする父。
また、そんな父の姿に自分への深い愛情を感じるジョンウン。すれ違っていた二つの心が一つになりかけた時、ジョンウンは父が白血病に侵され、死期が迫っていることを知ってしまう・・・。

■ 『ファミリー』(2004年/カラー/96分)
 ○ 監督:イ・ジョンチョル
 ○ 出演:スエ/チュ・ヒョン/パク・チビン ほか
 ○ 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
 * 2006年12月2日(土)よりシネマスクエアとうきゅう他にてロードショー。
 * 第19回 東京国際映画祭 協賛企画「コリアン・シネマ・ウィーク2006」出品作品 ⇒ 詳細

■ 『ファミリー』公式サイトは ⇒ こちら



장소 도도부현   회장TEL  
회장이름  
교통수단  
기간
주최자    주최자TEL  
대표자   FAX번호  
메일주소   담당자  
홈페이지   
수정

분류 제목 장소 기간
ソン・ガンホ主演『グエムル-漢江の怪物-』劇場公開&... 0.0.0~0.0
学研ムック『韓国シネマ名優カタログ』 8月3日(木)... 0.0.0~0.0
K-Blogオープン 0.0.0~0.0
Gallery 韓路オープン 0.0.0~0.0
学研ムック『韓国テレビ&シネマライフ』Vol.12 ... 0.0.0~0.0
アルク『韓国語ジャーナル』大リニューアル号が発売! 0.0.0~0.0
リュ・シウォン主演 韓流ドラマの傑作『愛するまで』 ... 0.0.0~0.0
スエ主演「ファミリー」 12/2(土) シネマスクエ... self 0.0.0~0.0
感動ラブコメ『家門の危機』 11月シネマート六本木に... 0.0.0~0.0
韓国No.1人気グループ SGWannaBE+初のD... 0.0.0~0.0
アルク 「ピ・チョンドゥク随筆集」初の日本語版 0.0.0~0.0
年末年始に行く西江大学 短期集中韓国語講座 0.0.0~0.0
学研ムック『韓国DVD名盤カタログ』10月26日(木... 0.0.0~0.0
『ドラマよりおもしろいチャングムを旅する54話』(明... 0.0.0~0.0
ジョン・キョンファさんの最新エッセイ、『オンマの台所... 0.0.0~0.0
韓国文化の真髄を究める!『韓国文化シンボル事典』(平... 0.0.0~0.0
学研ムック『韓国テレビ&シネマライフ』Vol.13 ... 0.0.0~0.0
チョ・スンウ&カン・へジョン主演『とかげの可愛い嘘』... 0.0.0~0.0
田月仙さんの著書「海峡のアリア」発売 0.0.0~0.0
『韓流大好き!』がお届けする韓国文化エンターテインメ... 0.0.0~0.0


코시스센터
Korea Net Japanese
Hello K! - Youtube
korea net banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS