開館カレンダー:2018/5
1
2
10:30~18:30
3
4
5
6
7
8
10:30~18:30
9
10:30~18:30
10
10:30~18:30
11
10:30~18:30
12
10:30~17:30
13
14
15
10:30~18:30
16
10:30~18:30
17
10:30~18:30
18
10:30~18:30
19
10:30~17:30
20
21
22
10:30~18:30
23
10:30~18:30
24
10:30~18:30
25
10:30~18:30
26
10:30~17:30
27
28
29
10:30~18:30
30
10:30~18:30
31
10:30~18:30

新着・おすすめ資料

 
■ 新着図書  [total : 54]
『新版 韓国朝鮮を知る事典』
(伊藤亜人・武田幸男・高崎宗司・大村益夫・吉田光男著、平凡社製作、2014年、日本語)

韓国について調べ物をしたい時に役立つ一冊をご紹介します。 この本は、初版が1987年に出て以来、改訂されて出版されていましたが、今年新版として新たに刊行されました。時代の変化に合わせ、新たに収録された内容も多く、30年前の初版と比べると、収録項目数も46%も増えたそうです。まさに韓国を知るための決定版ともいえる事典です。

各種博物館図録
(、韓国語)

図書映像資料室には、韓国の様々な博物館・美術館の図録が所蔵されています。 韓国 国立中央博物館、古宮博物館、民俗博物館、現代美術館などで開催された企画展図録など多数所蔵されています。図録は非売品となっている物も多く、企画展ですので、時期を逃すとなかなか手に入れるのが難しい場合が多いです。実際に韓国に赴き展示品を鑑賞するのが難しい方は、是非資料室にあるこれら図録をご覧になって下さい。日本語版の図録はありませんが、展示品名など漢字が併記されているケースも多いです。

『かいけつゾロリ』シリーズ
(原 ゆたか著、ウルパソ製作、韓国語)

今回ご紹介する本は、子供達に人気の『かいけつゾロリ』シリーズの韓国語版です。このシリーズは、韓国文化院のすぐ近くに本社がある児童書で有名なポプラ社様より寄贈を頂きました。小学生時代に学校の図書室でこのシリーズを読みふけった方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな人気のシリーズが実は韓国の出版社からもライセンス出版され、韓国の子供たちの間でも人気となっています。児童書の出版が日本よりも盛んな韓国ですが、このように翻訳された日本の児童書も読まれています。そんな、韓国の出版状況も垣間見ることができます。

『各種』 韓国語教材
(、日本語)

図書映像資料室には、韓国語学習者の皆様にご利用頂ける韓国語教材が約600冊、そして様々な語学辞典を所蔵しています。入門編から上級編、ドラマのシナリオブック、ビジネスシーンで使える韓国語から検定試験対策に至るまで、幅広い分野の教材が揃っています。 資料室内で閲覧するのはもちろん、付属CDも貸出しておりますので、ご自宅で韓国語学習するのにもご活用頂けます。皆さま一人ひとりにあったテキストを見つけ、韓国語学習のお役に立てればと思います。ぜひご利用下さい。

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14]