応募

応募

施設案内

 

 
 
■ サランバン(4F)
 
朝鮮時代の建築様式を活用し、韓国の伝統生活空間を再現
 
ソウルに残っている朝鮮時代の宮中の一つの昌徳宮[チャントックン]には当時の民家の住居様式で建てられた建築物である演慶堂[ヨンギョンダン]があります。
 
韓国文化院のサランバンはこの演慶堂をモチーフにして韓国の伝統的生活空間を再現し、サランバン、テチョンマル、マダンで構成されています。
【サランバン】
サランバンは男性が学問の精神など自身を磨き上げる空間であり、お客をもてなす交流の場です。
 
韓国文化院のサランバンには伝統家屋でよく見られる家具や道具を配置し、韓服の試着など韓国文化院では伝統文化の体験場所として活用されています。
 
 
【テチョンマル(板の間)】
テチョンとは「大きな床」という意味で大きさや位置は様々です。韓国文化院のテチョンは大きなサランバンと小さなサランバンと繋がっている構造です。当時、テチョンが広い場合は、婚礼や祭祀など家の各種儀礼を行う場所としても使われました。
 
 
【マダン(庭)】
テチョンマルの前には伝統的な庭であるマダンが造成され、朝鮮時代の宮廷の壁[ファダム 花壁]と煙突が再現されています。