応募

応募

話題の情報

 
掲載日 : [2017-03-21 13:49]   照会数 : 1235
topic_regtop_btn
【新刊案内】日本人が知りたい韓国人の当たり前
 
 
「『情』って何?」「朝鮮時代も文化交流が盛んだった?」「割り勘は格好悪い?」韓国人の友達や先生に聞きたいけれど…。そんな今さら聞けない基本的なことから、長年勉強していても今ひとつ納得できないでいたことまで、100の疑問を解消します! 知りたくて読むからリーディングスキルがつく! すぐに使える会話例も掲載。

■目次
第1章 日常生活
 韓国人の情って何?
 韓国の男性が情熱的で強そうに見えるのはなぜ? など

第2章 地理歴史
 朝鮮時代にも日本と韓国で文化交流が盛んだったの?
 地方で食や名産品にどんな違いがあるの?  など

第3章 現代社会
 大統領はどんなことも意のままなの?
 IT先進国と呼ばれるけどなぜ? など

第4章 文化芸術
 カヤグム、パンソリのような伝統芸能は学校で習うの?
 ポジャギって、きれいですね。 など

第5章 その他
 小さい子どもも尊敬語が使えるの?
 「オッパ」と「ヒョン」の違いは何? など

■著者:久田和孝(ひさだ・かずたか)、韓 相宇(ハン・サンウ)
・久田和孝(ひさだ・かずたか)
神奈川大学准教授。創価大学大学院法学研究科卒業。韓国の慶煕大学NGO大学院修士
号取得(市民社会(NGO)学)、成均館大学国政管理大学院博士課程修了(行政学博士)。韓国国会議員事務所日本担当秘書、韓日議員連盟嘱託通訳、弘益大学専任講師、在大韓民国日本国大使館外務省専門調査員などを務める。日韓外交の最前線および市民レベルで、両文化の理解促進に奔走。韓国国会立法調査処海外諮問委員、仁川広域市国際諮問官。

・韓 相宇(ハン・サンウ)
在大韓民国日本国大使館公報文化院調査官。韓国の仁荷大学日語日本学科卒業、西江大学公共政策大学院日本学科卒業(政治学修士)、文部省の日本語・日本文化研修生として筑波大学に留学。在大韓民国日本国大使館で20年以上にわたり日本文化・広報事業、翻訳などに尽力。日韓中の東洋医学、哲学にも造詣が深い。"

■価格:本体2,200円+税
■発売:2017年3月
■ページ数:224ページ
■判型:A5判

*本書の音声(mp3)はオーディオブック配信サービス「FeBe」でご購入いただけます。収録箇所は「会話編」の韓国語のみです。別売900円。https://www.febe.jp/product/236163
 
●公式ホームページ:  http://www.sanshusha.co.jp
●お問い合わせE-メール:  webmaster@sanshusha.co.jp
 

 
  [total : 706] ( 1 / 24 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
 
 
 
        topic_regtop_btn