応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [18.01.30]   照会数 : 11689
2018年 上半期 韓国映画企画上映会
 
2018年 上半期 韓国映画企画上映会
それぞれの時代を映した多彩なジャンルの名作韓国映画10作品を特集上映!
2018年上半期、韓国文化院では韓国映画の魅力をより深く感じていただくために、韓国内で1,000万人以上の観客動員を記録した歴代の大ヒット映画、1950~60年代に韓国を代表する監督により製作された名作映画を紹介する企画上映会を開催いたします。
それぞれの時代を映した多彩なジャンルの名作韓国映画を大型スクリーンでご覧いただける貴重な機会ですので、多くの皆さんの奮ってのご観覧をお待ちしております。(上映作品はすべて日本語字幕付き)
■ 期間:2018年2~5月 (計10作品、各作品2回上映)
■ 時間
 ① 昼の部:14:30開場 15:00開映(入場無料、事前申込不要。当日先着300名)
 ② 夜の部:18:30開場 19:00開映(入場無料、事前申込制。募集人員:300名)
 * 4~5月に開催する「1950~60年代に製作された名作韓国映画特集」は事前申込不要。
 (入場無料、当日先着300名)
■ 会場:韓国文化院 ハンマダンホール(東京都新宿区四谷4-4-10 TEL 03-3357-5970(代)
    *東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅より新宿方面徒歩3分
■ 特集
 ① 韓国で1,000万人以上の観客動員を記録した韓国映画特集(2~3月)
 ② 1950~60年代に製作された名作韓国映画特集(4~5月)
■ 主催:駐日韓国大使館 韓国文化院
■ 協力:韓国観光公社、韓国コンテンツ振興院
 

2~3月 ≪韓国で1,000万人以上の観客動員を記録した韓国映画特集≫

韓国では、2000年代に入り、様々なジャンルとテーマによる魅力に溢れたスケール感のある大作が数多く製作され、スクリーン数の飛躍的な増加なども背景に、1,000万人を超える観客動員数を記録した作品が数多く生まれています。
本特集では、これらの作品の中から様々なジャンルを網羅した6作品を上映します。(すべて日本語字幕上映)

2月20日(火) 2月28日(水) 3月8日(木)
©2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND CAPER FILM ALL RIGHTS RESERVED. ©2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved. ©2013 Next Entertainment World & Withus Film Co. Ltd. All Rights Reserved.
10人の泥棒たち 
原題:도둑들
監督:チェ・ドンフン
出演:キム・ユンソク、キム・ヘス、イ・ジョンジェ
2012年(138分)
韓国を拠点とする窃盗団のボス・ポパイのもとに、かつてのパートナーのマカオ・パクから巨大カジノから世界に1つしかない幻のダイヤモンド「太陽の涙」を盗み出すという一大計画が持ち込まれる。これを請け負った窃盗団の6人は香港に赴き、そこで中国人の4人組と合流。生き方も目的も異なる10人がチームを組み、それぞれの技を駆使して「太陽の涙」奪取を目指すが。1つの宝石をめぐる完璧な強奪計画を10人の野心と3つの愛が狂わせる・・・。
TSUNAMI ツナミ 
原題:해운대
監督:ユン・ジェギュン
出演:ソル・ギョング、ハ・ジウォン、パク・チュンフン
2009年(107分)
2004年、歴史上類を見ない最多の死傷者を出し、全世界に大きな衝撃を与えたインドネシアの津波。当時、インド洋で遠洋漁船に乗っていたマンシクは予期せぬ津波に巻き込まれ、ほんの一瞬の判断ミスで、密かに想いを寄せていたヨニの父親を失う。この事故をきっかけにヨニへの気持ちを隠してきたマンシクが、ついにプロポーズを決意するが、その頃、高さ100メートル、時速800キロの超大型津波が韓国を代表するリゾート地のヘウンデ(海雲台)に迫っていた・・・。
弁護人
原題:변호인
監督:ヤン・ウソク
出演:ソン・ガンホ、イム・シワン、オ・ダルス
2013年(127分)
1980年代初頭の韓国・釜山。税務弁護士として多忙な日々を送るソン・ウソクは、ある日、昔なじみのクッパ店の息子ジヌが裁判を控えていると聞き、拘置所へ面会に行く。ある事件に巻き込まれたというジヌの信じられない姿を見て、ウソクは何人もの弁護士が断った事件の弁護を請け負うことに・・・。
青年弁護士時代の盧武鉉元大統領が弁護を担当した重大冤罪事件をモチーフに、ある事件をきっかけに人権派弁護士へと転身を遂げる男の奮闘を描いたヒューマンドラマ。
3月14日(水) 3月23日(金) 3月28日(水)
©2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved. ©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved. ©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
ベテラン
原題:베테랑
監督:リュ・スンワン
出演:ファン・ジョンミン、ユ・アイン、ユ・ヘジン
2015年(123分)
広域捜査隊のドチョルは、男気あふれる熱血刑事。世話になったトラック運転手が、シンジン物産を訪れた直後、意識不明の重体に陥ったことに不審を抱いた彼は真相究明に乗り出す。その直感は的中し、この謎めいた事件には巨大財閥グループ御曹司が絡んでいた。卑劣な揉み消し工作、度重なる捜査妨害にも屈せず、八方ふさがりの中で巨悪との命がけの闘いに身を投じていくが…。
タブーとされる財閥の横暴に立ち向かう刑事の姿に迫る社会派アクション映画。
王になった男
原題:광해, 왕이 된 남자
監督:チュ・チャンミン
出演:イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ
2012年(131分)
1616年、暴君の悪名高い朝鮮の第15代王・光海君は権力争いの渦中にあり、常に暗殺の危機にさらされ、次第に暴君と化していく。ある日、光海が病床についたことをきっかけに、安い料亭で腐敗した権力の風刺をしていたハソンが極秘の代役として王にすり替わる計画が実行される。偽物の王が、本物の王に成り済まして政治の矢面に立つ15日間。その中でハソンは、最初は戸惑いながらも、次第に操り人形ではない民のことを考える真の王として周りを魅了していく・・・。
国際市場で逢いましょう
原題:국제시장
監督:ユン・ジェギュン
出演:ファン・ジョンミン、キム・ユンジン、オ・ダルス
2014年(127分)
韓国戦争で父と末の妹と離れ離れになり、母と残された2人の妹とともに避難民として釜山で育ったドクス。父親代わりとして一家を支えるために西ドイツの炭鉱で働き、ベトナム戦争に従軍し、生死の瀬戸際に立たされるなど過酷な人生を歩むが、それでも家族への愛情と笑顔を絶やさず、時代の荒波を生き抜いていく。
釜山の国際市場を主舞台に、激動の時代を家族のために生きた一人の男の生涯を描いた感動ドラマ。
 
※ 韓国で1,000万人以上の観客動員を記録した歴代韓国映画
順位 作品名(公開年) 観客動員数 順位 作品名(公開年) 観客動員数
1 バトル・オーシャン 海上決戦 (2014年) 1,761万人 9 神と共に - 罪と罰 (2017年) 1,197万人
2 国際市場で逢いましょう (2014年) 1,426万人 10 ブラザーフッド (2004年) 1,174万人
3 ベテラン (2015年) 1,341万人 11 新感染ファイナル・エクスプレス (2016年) 1,156万人
4 10人の泥棒たち (2012年) 1,298万人 12 弁護人 (2013年) 1,137万人
5 7番房の奇跡 (2013年) 1,281万人 13 TSUNAMI ツナミ (2009年) 1,134万人
6 暗殺 (2015年) 1,270万人 14 シルミド (2003年) 1,108万人
7 王になった男 (2012年) 1,232万人 15 グエムル 漢江の怪物 (2006年) 1,091万人
8 タクシー運転手 約束は海を越えて(2017年) 1,218万人 16 王の男 (2005年) 1,051万人
 ・ 出典:韓国映画振興委員会(KOFIC)資料(2018年1月10日現在)
上記の作品は、韓国文化院の図書映像資料室(3階)でDVD(日本語字幕付き)を所蔵しており、視聴が可能です。 (タクシー運転手 約束は海を越えて、神と共に - 罪と罰の2作品は除く。)
※ 韓国で公開された外国映画で1,000万人以上の観客動員を記録している作品は、「アバター」(1,330万人、2009年)、 「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(1,049万人、2015年)、「インターステラー」(1,030万人、2014年)、 「アナと雪の女王」(1,029万人、2013年)の4作品がある。

4~5月 ≪1950~60年代に製作された名作韓国映画特集≫

1960年代中頃から韓国映画はルネッサンス期を迎えましたが、その流れにつながる中興期ともいえる1950、60年代には大衆的、かつ開放的な作風による多彩なジャンルの韓国映画が数多く製作され、韓国映画界は活気を取り戻し始めた時期です。
本特集では、その時代に製作された、韓国映画界を代表する名監督といわれるユ・ヒョンモク監督、キム・ギドク監督、シン・サンオク監督、クォン・ヨンスン監督による名作韓国映画4作品を上映します。(すべて白黒映画、日本語字幕上映)
4月10日(火) 4月24日(火) 5月18日(金) 5月29日(火)
誤発弾
原題:오발탄
監督:ユ・ヒョンモク
主演:キム・ジンギュ、チェ・ムリョン
1961年(107分)
金銭問題や変動する社会の混乱に苦悩する公認会計士の人生を描く。公認会計士のチョルホは、精神を病んだ母、妊娠した栄養失調の妻、トラブルばかり起こす弟、アメリカ人兵士相手に売春する妹、失業する退役軍人の弟ヨンホ、学業を放棄して新聞売りをする末弟のミンホなど、家族を支えなければならないという重荷を背負いながら生活をする。そんな中、弟のヨンホが銀行強盗を犯し・・・。
戦後の韓国社会の不条理な現実に対する批判的な視点により描かれた韓国映画界の名匠ユ・ヒョンモク監督作品。
5人の海兵隊員
原題:5인의 해병
監督:キム・ギドク
主演:チェ・ムリョン、シン・ヨンギュン
1961年(118分)
オ・ドクス少尉は、父のオ・ソクマン中佐が大隊長をする部隊に小隊長として赴任する。オ中佐は息子のオ少尉を歓迎するが、オ少尉は幼い時から、いつも兄ばかりを可愛がる父に対する恨みと寂しさが胸の中に深く残っている。一方、個性の強い海兵隊員たちは、オ少尉を中心に戦友愛を深めていくが、ある日、部隊の末っ子として小隊員たちの愛を独占していたハ・ヨンギュ海兵が偵察中に死亡する事件が発生する・・・。
韓国戦争の特殊作戦に志願する5人の海兵隊員の戦場での人間愛あふれる姿と戦争の悲劇を描いたキム・ギドク監督のデビュー作品。
地獄花
原題:지옥화
監督:シン・サンオク
主演:チェ・ウニ、キム・ハク
1958年(86分)
兄のヨンシクは、米軍物資の窃盗団を率いる親分になっていた。兄を探しにソウルに出てきた弟のトンシクは母親が待つ故郷へ戻ろうとヨンシクに言うが、ヨンシクはもっと大きなことをして、ソニャと結婚するつもりだと言う。
ある日、ソニャはヨンシクの一団が物品を盗んだ日、弟のトンシクを誘惑して密会を楽しむ。ヨンシクは予定通り米軍の輸送列車を襲うために発ち、ソニャはトンシクと逃げるためにヨンシクの犯行を憲兵隊に通報する・・・。
韓国戦争後の社会を描き、時代の風潮、男女や家族の関係などを新しい倫理観から描写した韓国を代表するシン・サンオク監督作品。
漂流島
原題:표류도
監督:クォン・ヨンスン
主演:ムン・ジョンスク、キム・ジンギュ
1960年(124分)
マドンナ喫茶店のカン・ヒョンヒは、娘と母を養いながら暮らしている。ヒョンヒは生活苦に悩まされるが、自尊心だけは失わないように努力する。しかし、彼女が婚姻関係のない男との間に娘を出産し、喫茶店を経営するという事実に人々は彼女を無視しようとする。そして、彼女は大学時代の友達の夫で新聞社の論説委員をするイ・サンヒョンと恋に落ち、愛と倫理の間で悩みながらもサンヒョンを簡単に諦めることができず・・・。
1950~90年代にかけてメロドラマ、コメディ、史劇、活劇など様々なジャンルの作品を制作したクォン・ヨンスン監督作品。

■ 観覧要領
 ★ 夜の部(19時開始)は事前のお申込みが必要となります。(全席自由席)
  ◇ 観覧を希望される方は韓国文化院ホームページの「イベント応募コーナー」からお申し込み下さい。
   *イベントにご応募いただくには会員登録が必要です。
    ➡ http://www.koreanculture.jp/member_agree.php
  ◇ 募集人員:各回300名様(お申し込みはお一人様2名まで)
  ◇ 申込締切:各回1~2か月前から観覧の募集を開始し、上映日の1~2週間前に締め切ります。
        (詳細は韓国文化院ホームページ参照)
  ◇ お申し込みが定員を超えた場合は抽選とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
   (当選された方へのみ上映日の1週間前までに当選の確認メールをお送りします。)

※ 4~5月に開催する「1950~60年代に製作された名作韓国映画特集」は夜の部も事前申込は不要です。(入場無料、当日先着300名)

 ★ 昼の部(15時開始)は事前のお申込みは不要で当日先着300名まで観覧可能です。(全席自由席)
   ◇ 受付は14:30からとなりますので開場時間に合わせてご来場ください。整理券などの配布は
    予定しておりませんので、あらかじめご了承ください。
   (満席の際にはご入場をお断りする場合があります。)

 ★ イベントの詳細及び観覧お申込みの情報は韓国文化院ホームページにて随時ご案内します。

 ☆ 都合により、上映作品、スケジュールなど変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
 (変更の場合は韓国文化院ホームページでご案内します。)
 
 
  [total : 1872] ( 1 / 63 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
1863
18-03-22
4130