応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [17.07.31]   照会数 : 4612
駐日韓国文化院 世宗学堂 文化講座 秋季学期 受講生募集
 

駐日韓国文化院 世宗学堂 文化講座
2017年度秋季学期 受講生募集要項
 
 
韓国の文化に直接ふれてみませんか?
韓国文化院では、悠久の歴史と幅広く奥深い韓国の文化に直接触れていただくために、韓国文化講座を毎年開催しています。2017年度秋学期は、カヤグム、韓国舞踊(午後・夜コース)、韓国民謡、韓紙工芸体験講座、チャング講座の5講座(6コース)をご用意いたしました。初心者でも学ぶことができる講座ばかりですので、どなたでも気軽に始めることができます。単に見たり聴いたりするだけではなく、実際に体験することにより、またひと味違う韓国の文化の楽しみ方を感じていただければ幸いです。
 
1. 伽倻琴(カヤグム)体験講座
 
◇ 講座紹介
伽倻琴(カヤグム)は、韓国伝統楽器の
中でも最も知られている楽器の1つです。
本講座を通して、カヤグムの魅力を味わって
いただき、趣味などで本楽器を続けられる
方が少しでも増えることを願って、韓国
文化院では有望な若手の演奏家を講師に
迎え、カヤグム体験講座をお届けいたします。
 
◇ 講師プロフィール
 金オル   *日本語での授業となります。
 ・東京生まれ、韓国・梨花女子大学音楽大学韓国音楽科卒業
 ・韓国にてファン・ビョンギ先生、クアク・ウナ先生に師事、12絃伽倻琴、
  21絃伽倻琴をこなす数少ない奏者の一人。
 ・韓国百景・世界遺産DVD音楽製作、文化庁芸術祭参加楽劇「KONKICHI」をはじめ日本を
  拠点に数多くの演奏活動に参加、またフジテレビ系列「日本の歴史」、
  テレビ朝日系列「タモリ倶楽部」
  に出演し、伽倻琴を紹介。
 ・在日学生芸術コンクール「伽倻琴独奏」部門金賞受賞(1993)、
  在外同胞競演大会「器楽」部門金賞受賞(2002)、大私習ノリ日本大会優秀賞受賞(2010)
 ・現在、金オル伽倻琴教室主宰、東京韓国学校講師

◇ 講座期間:2017年10月~2018年2月(全12回)水曜日 19:00~20:30
 ・日程(予定):2017年10月4、18日、11月8、15、22日、12月6、13、20日、
        2018年1月10、17、24日、2月7日
 ☆ 会場:韓国文化院4階伝統楽器実習室「ウルリム」
 ☆ 定員:9名 ※最低催行人員5名
 ☆ 内容:楽器の構造、姿勢、音階など、基礎的な理論から始まり、
   韓国と日本の簡単な童謡を演奏できるようになることを目標にします。
 ☆ 参加費(6か月分、伽倻琴レンタル費・教材込)¥18,000
 ※楽器の持ち方や弾き方はもちろん、韓国の民謡やドラマ曲などの演奏を目標に学んでいきます。
  楽譜が読めなくても大丈夫です。
 ※楽器は文化院側で用意いたします。(貸出のみとなり、お持ち帰り頂くことはできません。)
 
2.韓国舞踊体験講座
 
◇ 講座の紹介
 華麗な韓国舞踊の基礎からゆっくり丁寧に指導するため、初めての方でも楽しく学ぶことが
 できます。

◇ 講師プロフィール
 金順子(キム・スンジャ)   ※ 日本語での授業となります。
 ・韓国無形文化財第92号太平舞 履修者
 ・韓国無形文化財第92号太平舞保存会 日本東京支部長
 ・在日韓国人文化芸術協会 副会長
 ・教坊礼楽伝承会 日本東京支部長
 ・金順子韓国伝統芸術研究院 主幹
 ・金順子韓舞楽芸術団 代表
 ・(社)韓国国楽協会日本東京支部 初代日本東京支部長

◇ 講座期間
 ◎午後コース 2017年10月~2018年2月(全16回)月曜日 14:00~15:30
 日程(予定):2017年10月2、16、23、30日、11月6、13、20、27日、12月4、11、18、25日、
       2018年1月15、22、29日、2月5日
 練習作品(予定):「春の風」★長さ2m20㎝・幅40㎝の軽い布を使用、お持ちの方は
       ご持参ください。ない方にはお貸しします。(無料)

 ◎夜コース 2017年10月~2018年2月(全16回)火曜日 19:00~20:30
 日程(予定):2017年10月10、17、31日、11月7、14、21、28日、12月5、12、19、26日、
       2018年1月9、16、23、30日、2月6日
 練習作品(予定):扇の舞 ★必要な方は備品購入可(2本1組約4,000円)

<昼の部、夜の部 共通事項>
 ☆ 会場:韓国文化院2階 ラウンジ
 ☆ 定員:25名  ※最低催行人員15名
 ☆ 韓国舞踊の基本動作、姿勢など、しっかりとした基礎的な理論から始まり、
   音楽に合わせて簡単な舞踊が踊れるようになることを目標にします。
   ※入門から中級までの全般的なレベルの方を対象としたコースとなります。
 ☆ 参加費(6か月分)¥20,000
   ※動きやすい服装でお越しください。脱衣所、ロッカー等はございません。
    着替える方は化粧室をご利用ください。
   ※体育館履き、またはバレエシューズをご持参ください。希望者は、専用シューズも
   ※ご購入いただけます。
    ご受講申請時に足のサイズを必ずご明記ください。また、ポソン(韓国足袋)は不要です。
   ※練習に必要な備品の購入等については、開講後、担当講師よりご案内いたします。
   ※会場は韓国文化院2階ラウンジを使用しますが、2階ハンマダンホールの他のイベントと
    重なる場合は会場が変更となる可能性や、日程変更させていただく場合もありますので、
    予めご了承ください。
 
3.韓国民謡体験講座
 
◇ 講座紹介
 皆さんもよくご存じの様々な韓国民謡をどなたでも簡単に学べる講座です。韓国語が読めなくても、
 楽譜が読めなくても大丈夫です。

◇ 講師プロフィール
 金福實(キム・ボクシル)  ※ 日本語での授業となります。
 ・韓国人間文化財5号 故・朴初月先生にパンソリを師事
 ・韓国人間文化財23号 姜貞烈先生に伽倻琴散調・伽耶琴併唱を師事
 ・社団法人韓国パンソリ保存研究会日本関東支部支部長 金福実国楽研究所所長
 ・1999年韓国全州第25回大私習大会入賞
 ・2001年南原春香祭国楽大会伽倻琴併唱部門最優秀賞受賞

◇ 講座期間:2017年10月~2018年2月(全16回)火曜日 19:00~20:30
 ・日程(予定):2017年10月10、17、24、31日、11月7、14、21、28日、12月5、12、19日、
        2018年1月9、16、23、30日、2月6日
 ☆ 会場:韓国文化院4階伝統楽器実習室「ウルリム」
 ☆ 定員:15名  ※最低催行人員10名
 ☆ 内容:韓国伝統民謡の基礎となる発声法から始まり、広く知られている韓国民謡を
  学んでいきます。
 ☆ 参加費(6か月分):¥20,000
 
4.韓紙工芸体験講座
 
◇ 講座の紹介
韓国歴史ドラマにも登場する韓紙工芸は、韓国の韓紙工芸を
用いて様々な模様と色を組み合わせ、自分だけのオンリーワン
作品を作ることができます。伝統工芸を通して、一緒に楽しく
韓国の色の文化に触れてみませんか?
 
◇ 講師プロフィール
  重富弓子
 ・韓紙工芸ハヌル主宰
 ・在韓中、チェ・キョンヒ氏に師事
 ・2010.12 高麗楮紙工芸協会にて研究過程終了
 ・2012. 4 深川アートラボいっぷくにてワークショップ開催
 ・2012. 8 高麗楮紙工芸協会主催 全国楮紙工芸公募展にて奨励賞受賞
      仁寺洞 耕仁美術館にて 受賞作品展示会に出品
 ・2013. 4 ソウルにてチェ・キョンヒ師と合同展示会開催
 ・2015.11 第19回 全国楮紙芸術公募展(高麗楮紙工芸協会主催)韓国にて銀賞受賞

◇ 講座期間:2017年10月~2018年2月(全16回)火曜日 19:00~20:30
 日程(予定):2017年10月10、17、24、31日、11月7、14、21、28日、12月5、12、19日、
       2018年1月9、16、23、30日、2月6日
 ☆ 会場:韓国文化院4階 セミナー室
 ☆ 定員:9名  ※最低催行人員7名
 ☆ 制作作品:手鏡・正方形箱・引出小物入れの3作品を予定
 ☆ 参加費(6か月分):
  ¥20,000(工作道具セット込)+材料費3作品分¥6,700(材料費は講師に直接支払)
 
5.チャング講座
 
 ◇ 講座の紹介
 韓国の伝統楽器チャングは、左右に皮が張られた二面太鼓で、右手はヨルチェ(高音バチ)、
 左手はクングルチェ(低音バチ)で叩きながら演奏します。初めての方でも楽しく学ぶことができます。
 
◇ 講師プロフィール
  李昌燮(イ・チャンソプ)  ※ 日本語での授業となります。
  ・広島出身、サムルノリ・韓国打楽器奏者
  ・サムルノリ創立メンバーである李光壽先生に師事
  ・一般社団法人 民族音樂院 代表理事
  ・韓国 社団法人 民族音樂院 日本支局長
  ・民族音樂院日本支局 韓国伝統音楽教 主宰
  ・民団婦人会主催国際伝統文化教室チャンゴ講師

☆アシスタント講師
  趙歌織(チョウ・カオリ)
  ・東京出身、鄭明子先生に師事
  ・鄭明子韓国伝統芸術院に在席し、現在も舞踊や長鼓の講師として活動している。
  ・芸ピッ韓国芸術団の舞踊団員として、日韓を行き来しこれまで多くの舞台に立つ。
  ・2006年 第6回 JINHAK国楽大会の舞踊部門で金賞を受賞。
  ・2013年 初の個人公演(こころ)を行う。

◇ 講座期間:2017年10月~2018年2月(全12回)土曜日 10:00~11:30
 日程(予定):2017年10月7、21、28日、11月4、25日、12月9、16日、
       2018年1月6、13、27日、2月3、24日
 ☆ 会場:韓国文化院4階伝統楽器実習室「ウルリム」
 ☆ 定員:9名  ※最低催行人員5名
 ☆ 参加費(6か月分、チャングレンタル費込)¥18,000
   ※楽器は文化院側で用意いたします。(貸出のみとなり、お持ち帰り頂くことはできません。)
 
〔お申込み時の流れ〕
募集期間:公示日~9月1日(金)まで
 ・ステップ1
   下の申請フォームにより文化院へお申込みください。
   ※ 必ず、募集期間内にお申し込みください。募集期間内に定員を越えた場合は抽選となります。
     募集期間内に定員に達しなかった場合は、定員に達するまで先着順で受け付けます。
   ※ お申込みは、韓国文化院ホームページ上の申請フォームからに限ります。
     お電話及び申請フォーム以外でのお申込みは一切受け付けません。

 ・ステップ2
   募集期間後、抽選で当選された方へのみ、9月6日(水)までに、確認メールを
   文化院よりお送りします。
   電話等によるお問い合わせはご遠慮ください。
   ※ 9月6日までに当選のメールが届かなかった方は、誠に恐れ入りますが落選となります。

 ・ステップ3
   当選された方には受講手続きの詳細をメールにてご案内しますので、
   よくお読みいただき、期日までに参加費をお振込ください。

 ・ステップ4
   受講日当日に会場へお越しください。

 ※ お申込・抽選後、ご受講が決定した方には、初回授業時に受講規約同意書へご署名いただきます。
   受講規約の内容は、本募集要項末尾をご参照ください。
 ※ 参加費は、受講決定通知で指定する日までに、指定口座に納付してください。
   振込以外のお支払いは受け付けておりませんのでご了承ください。
   また、お振込明細をもって領収書と代えさせて頂きます。
   お振込後のキャンセルはいたしかねますので、ご注意ください。
 ※ 受講決定通知送信後、事前連絡がなく期日までにお振込の確認ができない場合、
   他の方へお譲りすることがありますのでご注意ください。
 ※ 各クラス、応募者が最低催行人員以下の場合は閉鎖する場合もございます。予めご了承ください。
 ※ 授業の録画は、講師の授業に対する集中度の低下、進行の大きな妨げとなるばかりか、
   肖像権・教授法に対する著作権の侵害にもなるため、全面的に禁止とさせて頂きます。
   (録音は講師にご相談ください。)


【駐日韓国文化院 世宗学堂 受講規約】
 受講生の皆さま並びに講師にとって、より快適で充実した講座環境をご提供するため、
 以下の点にご理解・ご協力くださいますようお願い申し上げます。
 ※本規約は、2017年2月6日(月)より、すべての受講生に適用されます。

1. 授業の振替について ※韓国語講座対象
 定期講座(Aコース・Bコース)の中には同じレベルで時間帯が異なるクラスを
 設けている場合がございますが、進度が異なるため一切の授業の振替受講を
 お断りさせていただきます。

2. 聴講・ダブル受講について ※韓国語講座対象
 受講されているクラス以外の授業の「聴講」はお断りさせていただきます。
 また、少しでも多くの方々に受講していただくため、異なる定期クラスを
 重複して受講することもお断りさせていただきます。
 ※ただし、短期講座との重複及び短期講座の複数申請は可能です。(一般募集のみ)

3. 留年について ※韓国語講座対象
 なるべく多くの方々に受講の機会を提供させていただくため、同じレベルのクラスを
 再受講(留年)する事はできません。進級条件を満たせなかった方のうち、次学期も
 本講座の受講を希望される方は一般募集期間内にお申し込みください。
 ただし、ご希望のクラスが新規募集を行わない場合や、新規募集を行っても抽選の
 結果落選された場合は、ご受講いただけない場合もございますので予めご了承ください。

4. 確認事項
 (1)受講生は、他の受講生並びに当院の一般来院者と協調して当院の施設を
  利用するものとします。
 (2)受講生は、安全管理・貴重品管理等すべて自己責任のもとに施設をご利用いただき、
  当院の施設利用中に生じた盗難、怪我その他の事故について、当院に明らかな過失が
  ある場合を除き、当院は一切責任を負いかねます。受講生同士の当院内外での
  トラブルについても同様とします。
 (3)当院内での営業及び宗教等の勧誘行為は一切禁止します。

5. 受講資格停止及び退学措置について
 当院は、受講生が次の各号の一つに該当すると認めた場合は、理事会の承認を経て、
 受講資格の停止または退学措置をとることができます。
 (1)当院の施設を故意に毀損したとき。
 (2)本規約の内容に違反したとき。
 (3)当院の名誉、信用を毀損し、または秩序を乱したとき。
 (4)受講申請書に虚偽を記載したことが判明したとき。
 (5)当院の講師、または他の受講生に対する著しい迷惑行為があったとき。
 (6)その他当院が、社会通念に照らし、受講生としてふさわしくないと認めたとき。
 

 
お申込みはこちらをクリック!
 
 
※ お申し込み後、自動返信メールが届きます。自動返信メールが届いていない場合は、

 お申し込みを受理できていないことになりますので、くれぐれもご注意ください。
主催:駐日韓国文化院 世宗学堂  共催:駐日韓国大使館 韓国文化院

【お問い合わせ】 ☎ 03-3357-5970  E-mail : lesson@koreanculture.jp
 
 
  [total : 1837] ( 1 / 62 )
番号
タイトル
掲示日
照会数