応募

応募

韓国関連行事

 
                    
 
掲載日 : [2017-07-28]   照会数 : 952
イベント名  アース・リズム
場所 都道府県  東京都 会場TEL  042-655-0802
会場名  オリンパスホール八王子など
交通アクセス  https://olympus.hall-info.jp/access/
期間 2017-12-02 ~ 2017-12-13
主催者  一般社団法人 民主音楽協会 主催者TEL  03-5362-3400
代表者  伊藤一人 FAX番号  
担当者  松尾俊明 メール  
ホームページ    http://www.min-on.or.jp
 

 
 
ヒダノ修一(日本/和太鼓)、橋田“ペッカー”正人(日本/パーカッション、ヴォーカル)、ホブソン・アマラウ(ブラジル/ギター、ヴォーカル、パーカッション)、トニー・グッピー(トリニダード・トバゴ/スティールパン)、ミン・ヨンチ(韓国/サムルノリ)、ワガン・ンジャエ・ローズ(セネガル/タムタム)、一彩(日本/和太鼓)、高橋ゲタ夫(日本/ベース、ヴォーカル)、長谷川友二(日本/ギター、ヴォーカル)、石田裕人(日本/サックス、フルート、篠笛) 

世界に広がる打楽器(パーカッション)の魅力を伝えるコンサートです。各国を代表する打楽器奏者が一堂に集まり、お客様と一体となって音楽を楽しむ「参加型コンサート」を目指して参ります。
世界には民族の数だけ「リズム」があると言われています。本公演では、世界的な太鼓ドラマー、ヒダノ修一を中心にアジア・アフリカ・南米など各国を代表する打楽器の名手たちを集めてスペシャルバンドを結成。打楽器のもつ多彩なリズムを心震わすビートに乗せて、迫力のサウンドで皆様にお届けしたいと思います。今回スペシャルバンドに参加して頂くのは、<世界一の演奏技術を持つ太鼓奏者>として世界を股に活躍する太鼓ドラマー、ヒダノ修一をはじめ、<サムルノリ競演大会最優秀賞>受賞者のミン・ヨンチ、<打楽器の神様ドゥドゥ・ンジャエ・ローズの息子>ワガン・ンジャエ・ローズ、<ナショナル・スティールパン・コンテスト優勝者>のトニー・グッピーなど、そうそうたるメンバーが集結。熱くステージを盛り上げてくれます。また当日は各楽器の魅力を日本語のわかり易い解説を加えながら、お客様も一体となって楽しんで頂けるようなコーナーもお届けする予定です。世界各国、言葉や習慣は違えども、「音楽」は共通の言語です。本公演では打楽器が奏でる「ひとつのビート」に乗って、参加した皆様が元気で楽しくなれるようなステージを目指して参ります。どうぞご期待下さい。

◆ヒダノ修一〔日本/和太鼓〕
太鼓ドラマー、プロデューサー、作・編曲家。1989年にデビュー、10年後の空前の和楽器ブーム到来の礎を築いた1人。国内及び世界39カ国で2700回以上の公演を行い、2013年【世界一の太鼓演奏技術を持つ人】に選出されている。スティービー・ワンダーやハービー・ハンコックをはじめ国内外で数多くのアーティストと共演を果たす。2013年より「ももいろクローバーZ」、2015年より「嵐」のツアーに参加している。
 
◆橋田“ペッカー”正人〔日本/パーカッション、ヴォーカル〕
1977年に渡米し、ブラック&ラテン系ミュージシャンとのセッションを重ね、帰国後に日本発のサルサ・バンド、オルケスタ・デル・ソルを結成。日本パーカッション界の草分け的存在として知られている。これまでMISIA、坂本龍一、浜田省吾、尾崎豊、SMAPなど有名アーティストのレコーディングツアーに参加している。近年では音楽療法として話題の『ドラムサークル』の活動にも力を入れている。
 
◆ホブソン・アマラウ〔ブラジル/ギター、ヴォーカル、パーカッション〕
ブラジル・リオデジャネイロ出身。20才の時、ヴィラ・ロボス音楽学校でフルートを学んだ後、リオのリゾートホテルのディナーショーやライブハウスを中心に演奏活動を始める。1991年、ブラジル料理&ショーの火付け役となった、渋谷のシュハスコ・レストランのオープンをきっかけに"BANDA BACANA"のメンバーとして活躍。最近では小野リサのツアーメンバーとして参加している。
 
◆トニー・グッピー〔トリニダード・トバゴ/スティールパン〕
スティールパン発祥の地トリニダード・トバゴ出身。最高のスティールパン製作者・調律師と称される兄ハーマンの影響で、幼い頃から演奏を始める。1994年には同国開催の権威ある「ナショナル・スティールパン・コンテスト」の個人部門で優勝。現在は活躍の場を日本まで広げ、多くのアーティストと共演を果たしている。主な共演者はマーカス・ミラー、Char、Def Tech、カルロス菅野など。
 
ミン・ヨンチ〔韓国/サムルノリ〕
ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」を創設。これまでに「PSY(サイ)」をはじめ、様々なジャンルのアーティストとコラボレーションを果たし、「韓国伝統音楽の異端児」と呼ばれている。2014年には韓国文化芸術委員会より作曲賞を受賞している。
 
◆ワガン・ンジャエ・ローズ〔セネガル/タムタム〕
セネガルの首都ダカ-ルの有名なグリオ(伝統を継承する家系)に生まれる。父はアフリカの至宝と呼ばれ、自身が世界遺産に認定され、 セネガル初の人間国宝ともなった伝説の打楽器奏者ドゥドゥ・ンジャエ・ロ-ズ。現在はワークッショップやドラムプレイヤーへのアドバイスを積極的に行っている。また日本のミュージシャン達との交流も深く、加藤登紀子、渡辺貞夫、綾戸智絵などとも共演している。
 
◆一彩(いっさい)〔日本/和太鼓〕
1997年、神奈川県生まれ。父の影響で1才半より太鼓を叩き始め、12才から15才まではジャニーズJr研修生として、数々の大物アーティストのバックダンサーを務めた。和太鼓奏者としては2014年より2年連続で「ももいろクローバーZ」の公演に参加。2015年より「嵐」の全国ドームツアーにも参加している。現在は若手プロ和太鼓グループ【和太鼓グループ 彩-SAI-】に所属。
 
◆高橋ゲタ夫〔日本/ベース、ヴォーカル〕
1976年「ジョン山崎&スクールバンド」(Columbia)でレコードデビュー。以来、高中正義、松岡直也、オルケスタ・デル・ソル、 向井滋春、日野晧正をはじめ、数多くのセッション&レコーディングに参加。さらに井上陽水、徳永英明などとも共演を果たしている。
 
◆長谷川友二〔日本/ギター、ヴォーカル〕
ベースライン、コード&リズムをすべて一本のギターから紡ぎ出し“弾き語る”独特のスタイルが高い評価を得ているシンガーソングライター&ギタリスト。ミッキー・カーチス、沢田研二、SMAP、本田美奈子、島倉千代子など数多くのアーティストと共演を果たしている。
 
◆石田裕人〔日本/サックス、フルート、篠笛〕
昭和音楽大学在学中に自己のジャズバンドを率いて、都内ライブハウスを中心に活動を開始。現在はジャズを中心に様々なジャンルをこなし、その歌心溢れるエキサイティングなプレイに定評がある。さらにキム・ヨンジャの専属バンドを務めるなど、多数のアーティストと共演を行っている。

入場料金:A席6,000円、B席5,500円
チケットは、チケットぴあ、ローソンにて9月販売開始予定
MIN-ON CONCERT ASSOCIATION
 
 
 
分類
タイトル
場所
期間
 
東京都
2018.5.12~5.18
東京都
2018.3.8~3.11
神奈川県
2018.2.2~2.18
東京 神...
2018.1.26~1.26
東京都
2017.12.20~12.20
神奈川県
2017.12.15~12.15
東京都
2017.12.10~12.10